文字入れやロゴ入れなど|可愛いフラダンスの衣装が勢揃い|ハワイの伝統
レディ

可愛いフラダンスの衣装が勢揃い|ハワイの伝統

文字入れやロゴ入れなど

刺繍

デザインのデータが必要

会社やグループでお揃いのポロシャツなどを作ることは良くあります。ポロシャツに会社や団体の名前を入れたり個人名などを入れる事もありますし、ロゴやマークなどを入れるケースも多いです。プリントではなく本格的に刺繍をしたいと考えることもあるでしょう。そんな時にはポロシャツに刺繍を入れるサービスをしているショップに依頼するのがお勧めです。文字を入れる場合とロゴを入れる場合では注文方法が少し違います。文字は希望の書体などを指定すれば良いだけですが、ロゴなどはデザインをデータや郵送などで送る必要があります。ロゴなどは初めて作る時には刺繍データ代が別途必要になりますが、2回目以降はデータがありますから不要です。

色々なデザインや方法

刺繍をする場合には直接ポロシャツに刺繍する方法と刺繍ワッペンを作る方法があります。ワッペンは製作したら後でポロシャツに貼るだけです。見栄えで言えば直刺繍の方が高級感があります。文字ならフォントを選ぶだけなので安く出来ますが、ロゴなどのデザインを刺繍する場合にはデータ代が掛かるので枚数が少ない注文だと割高になります。また、特殊な厚みのある3D刺繍などはサイズにもよりますが少し値段も高めです。ポロシャツに刺繍する方法はいくつかありますし、仕上がりや価格なども違いますから予算や出来栄えなどの希望に合わせて注文すると良いでしょう。ロゴなどのデータを作る場合にはずっと同じ店に頼むのが良いですから、仕上がりの良くて安い店を見つけるようにしましょう。